チーム内でリーダーシップが果たす役割

仕事の現場では、役割分担が考えられている。
それぞれが得意な仕事の分野を持ち、与えられた仕事をこなすことに専念している。業務をこなす上で必要なスキルを持つ人材がいる中で、彼らの統率にリーダーの役割が不可欠である。
リーダーが直接、各業務の仕事に携わることは少ない。スタッフの仕事の進捗状況などを確認し、適切な対策を講じる。仕事の状況全体を把握してコントロールできる人物がいなければ、各スタッフの連携を取ることはできない。

リーダーにとって必要な仕事の役割を果たし、リーダーシップを取るために必要な要素としては、全体的に仕事の進捗情況やチームの状況について、細かいことに惑わされず客観視することができるかどうかにある。
作業の細部にこだわっていると、全体を見通すことができない。些細なことに執着していたために、全体的な重要なことを見落とすようなことがよくある。
このような問題を避けるためには、全体を見渡すことができる人物の存在が欠かせない。

全体の状況を把握して、適切な指示ができてこそ、リーダーシップを発揮することができる。将来、管理職などリーダーシップを必要とする仕事を目指すのであれば、自身が担当する仕事の内容だけでなく、チーム全体の状況についても気を配ることができるよう、心がけることが有効である。
そうすれば、統率者に欠かせない能力の1つである、全体を把握するというリーダーシップ要素を磨くことに役に立つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です